陶器製造工程

アートスタジオ作品
エカテリーナ二世
エカテリーナ二世
エカテリーナ二世
陶器製造の工程は非常に難しいです。
例えば、カップを制作するのに約80作業工程まで必要です。 インペリアルポーセレン工場では18世紀の半ばに ヴィノグラードフ・Dによって開発されたテクノロジーがほぼ保存されています。
陶器の塊が白色陶土(カオリン)、石英、長石などのアルモ珪酸塩から制作されています。 壷などの作品は機械と手での鋳造が用いられています。
陶器の塊を二つ以上の部分から成っている石膏の形に入れます。 陶器が固まったら、残っている塊を移します。しかし、この段階では作品がまだ非常に割れやすいです。
平らな作品をより乾燥させた陶器の塊から成型機で製作しています。 陶器の強さ(丈夫さ)は高い温度で焼く事によって達せられます。
最初は900度で24時間焼きます。次の段階は釉薬をかけることです。
最後は1380−1430度で二日間以上焼きます。焼きあがると、陶器は縮小します。 動物の彫像がより柔らかい陶器の塊から制作され、1280度で焼きます。 陶器の塊の成分に以前と同じだが、長石含有率がより高いです。
35年前にポーセレン工場で初めて象牙の陶器製造のテクノロジーが開発され、 実施されました。象牙の陶器の特徴は薄さ、真っ白さ、透明さです。 陶器の塊に大型有角獣の骨灰が入っていますので、 “象牙の陶器”という名前がついています。
また、象牙の陶器は最初に高温で焼いて、次に低温で仕上げます。 1980年に象牙の陶器のテクノロジーを考案した科学者らは国立賞を受賞しました。
インペリアルポーセレン工場の作品が釉薬の上と釉薬の下に文様が付いたものがあります。 文様のつけ方については、手作り、機械化された、 この二つの方法を合わせるという三つの方法が使用されています。
釉薬の下に付いた彩色はより耐久力のある(長持ちしている)が、配色が限られています。 頻繁に用いられている色は濃い青とコバルトです。
釉薬の上に付いた彩色は低度(720−860度)で焼いて、 より広い配色を持っています。 また、焼きあがると、彩色は色を変えることもあります。
手描きの模様のつけ方でインペリアルポーセレン工場は有名になりました。 また、本金と彫られた模様に飾った作品が多いです。
多くのセット、花瓶、動物の彫像は釉薬の下に付いた彩色に装飾されています。 釉薬の下に付いた濃いコバルトと釉薬の上に付いた 鮮やかな彩色と金色を組み合わせる方法が広く用いられています。
このような方法はインペリアルポーセレン工場の作品に特別な効果を与えています。 ユニックなテクノロジーとしては、 コバルトを塗る方法と19世紀後期に開発された釉薬の下の風景画が保存されています。
エカテリーナ二世
エカテリーナ二世
エカテリーナ二世
エカテリーナ二世